日経平均株価予想-16/4/27-

スポンサーリンク

反落へ

4月初めから日経平均は大きく反発している状況です。

ですが、私はそろそろ反転し下落するのではないかと考えています。

その理由を簡単に説明します。

4/26現在、日経平均株価の指標はPER:15.56  PBR:1.15となってます。
注目しているのは、PERが16倍付近にいること。

アベノミクス相場が始まって以来の、日経平均・USD/JPY・PERライン(13倍-16倍)のチャートを見てみましょう。

20160426

チャートを見る限り、PER16倍ラインを大きく突破したのは2回しかありません。

1回目は2012年12月、衆議院議員選挙があり政権交代した直後。

ドル高円安に合わせて大きく上放れしました。

2回目は2015年2月、足元でドル高円安が続きさらなる増益への期待や欧州をはじめとする金融緩和が背景だった気がします。(すいません、よく覚えてません(笑))

こちらは直前のドル高円安の後を追うように上放れしました。

それ以外は、このPER16倍ラインが壁となって推移しているように見えます。

ということは、今後ドル高円安方向に大きく動くような事が無い限り、現在の水準をピークに反転する可能性が高いように思います。

また、日経平均のEPSも下降基調にあり、そろそろピークを迎える決算発表が終わる頃にはさらに下落しそうな気がします。

そうなると、PER16倍ラインも下がるため、日経平均の下落に拍車がかかる可能性もありそうです。

もしかしたら、明日の日銀金融政策決定会合の結果を受けてドル高円安方向に大きく動くかもしれませんが・・・

※PER、PBR、EPSのデータ元:日経平均プロフィル


トップへ戻る