はてな(3930)の株主総会に行ってきた。

総会おじさんです。

今回ははてなの第17回定時株主総会に行ってきました。(2017/10/26)

せっかく参加したので総会で得た材料や投資判断についてまとめてみました。

是非ご参考にして下さい。

この活動の目的などはこちら→株主総会で投資の幅を広げよう

スポンサーリンク

1. はてなってどんな会社? 

1.1.事業概要

「はてなブログ」「はてなブックマーク」で有名な会社です。

『「知る」「つながる」「表現する」で新しい体験を提供し、人の生活を豊かにする』をミッションに掲げ、コンテンツプラットフォームサービス・コンテンツマーケティングサービス・テクノロジーソリューションサービスを展開しています。

<コンテンツプラットフォームサービス>
個人向けのサービス。ブログサービス『はてなブログ』、ブックマークサービス『はてなブックマーク』、Q&Aサイト『人力検索はてな』などを提供している。

はてなHPより

<コンテンツマーケティングサービス>
法人向けサービス。オウンドメディア構築・運営に特化したCMS『はてなブログMedia』を提供している。

※はてなHPより

<テクノロジーソリューションサービス>
法人向けサービス。SaaS型サーバー監視サービス『Mackerel』の提供や、マンガビューワ『GigaViewer』の提供のほか、「スプラトゥーン2」のゲーム連動サービス「イカリング2」の共同開発といった受託サービスを提供している。

※はてなHPより

1.2.業績推移

17/7月期の業績は、売上高1,890,245千円(前期比21.2%増)営業利益352,198千円(前期比39.2%増)経常利益351,799千円(前期比49.6%増)当期純利益233,274千円(前期比61.5%増)でした。

14/7月期以降は、順調に業績が伸びています。

※はてなHPより

18/7月期予想は、売上高2,207,000千円(前期比16.8%増)営業利益222,000千円(前期比36.8%減)経常利益221,000千円(前期比37.0%減)当期純利益141,000千円(前期比39.6%減)となっています。減益の理由は、主にデータセンター利用料の増加によるものです。

2.総会について

2.1.主な内容

報告事項の主な内容は以下の通りです。

・17/7月期の業績は、売上高1,890,245千円(前期比21.2%増)営業利益352,198千円(前期比39.2%増)経常利益351,799千円(前期比49.6%増)当期純利益233,274千円(前期比61.5%増)。

・個人向けサービスは、月間ユニークブラウザ数0.5億増、登録ユーザー数98万人増。法人向けサービスは、はてなブログMediaは運用数が6件増。「Mackerel」も順調に増加(競争上の理由により顧客数は非公開)、「GigaViewer」は少年ジャンプ+に続きとなりのヤングジャンプにも採用。

・不動産情報サービス「物件ファン」を創業者の近藤淳也氏に譲渡。近藤氏への譲渡がはてなの企業価値の最大化のために適切と判断。

・今後は、近藤会長は非常勤取締役となる。近藤会長が担当していた新規事業準備室長は、栗栖社長が担当する。

詳細は第17回定時株主総会招集ご通知をご覧下さい。

議案は全て可決でした。

2.2.質疑応答

質問:近藤氏の持ち株について。

回答:株主としての近藤の事なので、回答は差し控える。

質問:近藤氏のブログの更新について

回答:新規事業に注力していたので更新していなかった。また楽しみにして貰えるよう頑張る。

質問:近藤氏の持ち株比率が多いので、主導権を握れないのでは?

回答:社長になって3年経つが、やり難さは感じた事は無い。基本的には近藤と相談してやってきた。今後は非常勤として残るが、むしろやりやすさの方が大きいと思っている。

質問:はてなブックマークの方向性は?

回答:UGCは基盤整備中。近い内に何かしらの発表ができればいいと思っている。

質問:個人向けサービスの売上20%成長はできるのか?

回答:売上20%成長の計画は、既存サービスの成長も含めての事。新サービスについてはお答えできないが、今後期待して欲しい。

質問:現預金は運営上必要な金額なのか?M&Aは考えているのか?

回答:サーバーの拡充が大きな投資のポイント。その時にどうしても現預金が必要。M&Aは計画中のものは無いが、話は頂いているので今後可能性はある。

質問:技術革新について。

回答:栗栖自身が新しい物好き。AIや仮想通貨は個人的には興味がある。ただはてなの事業と繋がるかは考える必要がある。

質問:スパム対策は?

回答:スパムの問題は長年戦ってきている。機械学習といったものを取り入れ始めている。

質問:RSSリーダーの開発は?

回答:現在も取り組んではいるが、他の対応すべき課題を優先している。中止はしていない。

質問:法人向けサービスについて。

回答:労働集約型になっているかの点については、受託サービスはそうなっている。ただ、ここを伸ばすというよりはきっかけとなればいいと思っている。基本的には労働集約型でないサービスで売り上げを上げていきたい。

質問:どのうような思いで会長を退き、新事業へシフトしたか?

回答:社長を託してから3年。経営に関しては新メンバーでやってもらい、どれだけ伸ばせるかを見てきた。実績としては、上場も果たし、業績も伸び、従業員も増え、健全に運営されている。はてなは任せられると思う。今やっている新事業を伸ばしていきたいし、はてなの事業も伸ばす事を考えると、形態を変えた方が発展性があると思った。

質問:バックボーン強化とスケジュールは?

回答:スケジュールは公開してない。はてなブックマークは基盤を差し替えている最中。部分的に新システムに移行している。新システムで大分改善されると思っている。

質問:業績はセグメント別にできないか?

回答:売上高についてはある程度切り分けられる。利益の部分で切り分けるのが難しい。

質問:ブログの成長について

回答:しばらくは、ブログを読む需要は広がっていくと思う。はてなブックマークとSNSが連携して拡散され読む人が増えるという形でここ数年伸びてきた。これからも伸ばせていけると思う。

質問:会社説明会は?

回答:意見として承ります。

2.3.注目材料

『近藤氏の会長退任について』

栗栖氏が社長に就任してからは経営を任せており実績も十分積み上がってきたのではてな事業は託せるという事と、新事業を伸ばしていきたいという事から、形態を変えたという事らしいです。
まあ、当面は非常勤取締役として残るので、特に何も変わらないのではないでしょうか。

『新事業について』

話を聞く限り、今の所まだ発表できるものは何もなく、業績は既存事業を伸ばす事に注力する事で伸ばしていく方向性のようです。

『M&Aについて』

検討はしてないとのことでしたが、話自体はあるようですので今後に期待です。

2.4.お土産

お土産はありませんでした。

3.投資判断は?

3.1.株価水準

株価:1,919円(10/26終値)
EPS:49.66円、BPS:455.01円、配当:0円
PER:38.64倍、PBR:4.22倍、配当利回り:0%
ROE:10.91%、ROA:8.84%
※EPS等は会社予想を参照

PER約39倍とやや高水準に見えますが、18年7月期は基盤整備によりデータセンター利用料が二重に掛かってくることによる一時的な減益の影響があります。17/7月期のEPS82.71円で計算するとPER23.20倍なので、株価水準としては特に割高でも割安でも無いといった感じです。市場からの期待はやや低めということが言えます。

会社の計画通り、年率20%の売上高成長が実現したとして計算してみます。

<条件>
・売上高、年率20%成長
・営業利益率15%(過去平均)
・法人実効税率35%
・無配当

5年後には、売上高4,700百万・営業利益705百万・純利益459百万となり、EPS162円・BPS1,035円となるので、現在の株価ではPER11.9倍・PBR1.9倍という数値になります。PER20倍とすると、株価は3,240円という数値になります。

10年後には、売上高11,702百万・営業利益1,755百万・純利益1,141百万となり、EPS402円・BPS2,477円となるので、PER20倍とすると、株価は8,040円という数値になります。

もし20%成長が実現できるなら、割安の水準と言えそうです。

3.2.成長性

・SNSによる記事拡散やインターネットユーザー増による、はてなブログのユニークブラウザ数の増加や会員数の増加
・はてなブログMediaの拡販
・Mackerelの拡販

これらが上手く進捗すれば、会社目標の売上高年率20%成長はおそらく数年は達成できそうな気がします。

ちなみに、ここ数年は着実に成長しています。

2017年7月期 通期決算説明会資料より

3.3.まとめ

成長面に関して私自身は20%成長が継続するイメージはちょっとつきませんでしたが、もし計画通り売上高20%成長を達成できると想定するなら割安感のある株価水準かなと思います。10年間で株価4倍高を期待してみてもいいかもしれませんね(笑)


トップへ戻る