ソフトバンク(9984)の株主総会に行ってきました

スポンサーリンク

ソフトバンクの株主総会

2016/6/22開催のソフトバンク第36回定時株主総会に行ってきましたので、
その様子を書きます。

※株主総会初体験なので、ご了承下さい。

場所は東京国際フォーラム。

入口にはテレビ局の人が来場者の取材をしてました。

「テレビ東京ですが、ちょっと・・」みたいな感じで声掛けられたのですが、スルーしちゃいました(笑)

私が到着したのは9時20分頃(9時開場)でしたが、特に混雑してる様子もなく、スイスイと入れ、結構前の方に座れました。

例年、満席になるくらい来場者がいると聞いていたので今回は少なかったのかな?

10時になり、順番に役員が登場。

ファストリの柳井社長、日本電産の永守社長も取締役を兼任しているので、今回の総会も出席しており、すごい役員構成だな~と思っている束の間、いよいよ総会が始まりました。

孫社長の挨拶の後、いきなり話題のニケシュ・アローラ氏が登場。

今回退任するにあたり簡単にスピーチが行われました。

これまでの感謝の意や自分の実績について話した後、今後はアドバイザーとして関わっていく事を了承頂きたいといった内容でした。他にも「孫さんは最近若返った」みたいな事も言ってました。

その後は、各種報告が行われました。

直近の株式売却に伴う業績への影響にも触れてました。

アリババ株売却→連結決算において、2000~2500億円の利益計上
ガンホー株売却→個別決算において、560億円の利益計上
        連結決算において、430億円の損失計上
スーパーセル株売却→連結決算において、6000億円の利益計上

議案について触れた後は、成長戦略についての話がありました。

<事業資産>
通信事業・・・EBITDAマージンが54%を達成(世界一)
       FCFも大幅増となり、FCF創出ステージに入った
       FCF/売上高も17%を達成(世界一)※今期は20%以上の見込み

スプリント事業・・・国内通信事業で培ったノウハウを注入
          LTEダウンロード速度全米No.1達成
          顧客純増数125万人(近年は毎年純減)
          年間2000億円のコスト削減を達成
          今期は黒字定着の見通し(営業益10~15億ドルを想定)
          FCFもゼロ近辺の見通し

ユーザー数1位は難しいが、ソフトバンク+スプリントでFCF世界一を目指すそうです。

ヤフー事業・・・19年連続増益達成

ペッパー事業・・・7ヶ月連続で発売1分で完売(各1000台)
         導入企業1000社以上
         順調なスタートを切った

<投資資産>

ソフトバンクは、投資先の筆頭株主となり事業戦略に関与するスタンスをとっている。

EC関連ではAlibaba(中国)・Snapdeal(インド)・Coupang(韓国)はいずれも急成長中で、特にAlibabaは前期売上高60兆円を超え、小売りではWalmartを抜き世界一になった。

孫社長は、10年後には200兆円を超えると信じているそうです。

タクシー配車関連では、UBERに投資できなかった事を悔やみながらも、OLA(インド)やGrab(東南アジア)、滴滴(中国)に出資し、いずれも急成長中。

それぞれ、事業範囲内ではUBERよりもシェアがあり、滴滴に至っては、中国という土地柄もあって、UBERの全世界乗車数よりも多い。

他にもフィンテック先進企業のSoFiにも出資している。

インターネット事業への投資は、9年間で25倍でIRRにすると44%(複利)の成果を得た。

今後も世界No.1のIRRを目指すそうです。

「ソフトバンクの経営陣にお金を預ければ、44%の複利が付く。増配よりもそっちの方がいいじゃない?」と言って笑いを誘ってました。

それから、SINGULARITYという言葉をテーマにしたお話しがありました。

「ソフトバンクはテクノロジーのパラダイムシフトと共に成長してきた。そして人類史上最大のパラダイムシフトが起こる」

簡単に言うと、人工知能(AI)が人類の知能を超える日がやってくるという事。

全てのデバイスがネットワークで繋がれ(IoT)、AIを搭載したスマートロボットに囲また生活が訪れる未来が待っているそうです。

様々なお話しが終わった後は、いよいよ質疑応答です。

私も質問したかったのですが、あいにく指名されず・・・(笑)

質疑応答の内容は、ありきたりだったり意味不明だったり論点がずれていたりと様々でした(笑)が、一つだけ面白い質問がありましたので紹介します。

「私はニケシュ・アローラの再任だけ否決するつもりでした。孫社長の後継者は人類にはいないと思います。いるとしたらAIでしょ?ですから、自分に代わるAIができるまで社長を続けると宣言してくれますか?」

今回のテーマに被せた面白い質問ですよね?

これに対し孫社長は、

「あまりいつまでも長くやると老害になりかねない。ですが、最低5年おそらく10年はやります」

と、やや控えめに答えてました。

※うろ覚えですが多分こんな内容だったかな?

その後、孫社長の続投について柳井社長が話す場面では、

「60にもなってないのに辞める?冗談じゃないぞ」

永守社長の話す場面では、

「孫さんは絶対に辞めないと思ってた。69になったらまた10年やると言い出すよ。孫さんの言うことはみんな嘘だから」

という感じで、笑いを誘ってました。

以上、ざっくり今回の総会について書きました。

初めての総会だったのですが、会社を身近に感じる事ができ、貴重な時間だったと強く思いました。

投資している会社を“さらに知る事ができる場”という事が分かったので、今後はなるべく足を運ぶようにしようと思います。


トップへ戻る