J-REIT(不動産型上場株式)

スポンサーリンク

銘柄紹介

今回はリートについてご紹介します。

リートというのは、投資家から集めた資金で物件を購入しその賃料や売却益を投資家に分配する仕組みの商品です。

通常の株式会社と異なり、内部留保が無く、収益の90%以上を分配するなどの条件を満たせば法人税がかからないため、収益のほとんどを分配金として支払われる特徴があります。

リートが保有している物件は住宅・オフィス・商業施設・ホテルと様々で、銘柄によって住宅ばかりを保有する”特化型”やそれらを組み合わせて保有する”複合型”などがあります。

また、物件エリアも様々で、首都圏型・関西圏主型・地方型・複合型があります。

<メリット>

・小額投資が可能・・・不動産を購入する資産が無くてもOK

・分散投資が可能・・・複数銘柄を持つ事で、日本全国の様々な物件を同時に保有している事になる

・運用しなくていい・・・通常の不動産投資と異なり、維持・管理は不要

・いつでも売買可能・・・取引所に上場しているので、株と同じように売買できる

・分配金が高い・・・リートの性質上、利益のほとんどを分配する仕組みとなっている

<デメリット>

・災害リスク・・・地震による倒壊など、建物の損傷により資産価値が下がる(分散投資で緩和できそう)

・金利変動・・・金融機関からの借入によって資金調達している場合、金利が上がると収益が下がる(マイナス金利はメリット

・不動産価格変動・・・当然ながら不動産価格が下がれば、リートの価値も下がる(インフレはメリット

・上場株式と同様のデメリット(上場廃止、倒産など)がある

最大のメリットはやはり、“資産が無くても不動産オーナーになれる!”という点です。

あの”六本木ヒルズ”のオーナーにだってなれます!

「俺、このビルのオーナーなんだぜ」って言えます(笑)

街を歩くのが楽しくなりますね!

また、今の政策のおかげでデメリットの部分が逆にメリットになりつつあります(笑)

なので、最近なにかとリートが話題に挙がるのだと思います。

みなさんも保有してみてはいかがでしょうか?

ちなみに私の保有銘柄↓

住宅・オフィス・ホテルそれぞれの特化型で分散し、首都圏・関西圏で一応リスク分散するようなイメージで選定してます。

<3227 MCUBS MidCity投資法人>
オフィスビル主体
関西圏の割合高め
海外物件の保有を検討している

<3463 いちごホテルリート投資法人>
ホテル主体
関西圏の割合高め
ただ保有するだけでなく、不人気ホテルを安値で買い再生させ売却させる手法のため成長性にも期待できる

<8952 ジャパンリアルエステイト投資法人>
オフィス主体
首都圏の割合高め
有利子負債比率が低く安定感がある

<8973 積水ハウス・SIレジデンシャル投資法人>
住宅主体
首都圏の割合高め
住宅メーカーがスポンサー

<8984 大和ハウス・レジデンシャル投資法人>
住宅主体
首都圏の割合高め
住宅メーカーがスポンサー

<8985 ジャパン・ホテル・リート投資法人>
ホテル主体
全国バランス良く保有


トップへ戻る